Bypasser for Wicr.me

Bypasser for Wicr.me

0


JavaScriptコード (Codes)

おまけのユーザースクリプトを置いておきます。

最新のChrome Canary(+Tampermonkey v4.8)でテストしました。(19/03/01)


とくにエラー処理などしていません。動かなくなった時が寿命です 😛

ご利用は自己責任でお願いします。


Download User Script

// ==UserScript==
// @name         Bypasser for Wicr.me
// @namespace    https://neko.ga/
// @version      1.0.3
// @description  this script will allows you to redirect ad-link automatically.
// @author       neko.ga
// @match        *://wicr.me/*
// @match        *://wi.cr/*
// @grant        none
// ==/UserScript==

+function() {
  'use strict';
  const m = /^(.+?\w)\/([^\/]+)/.exec(document.getElementById('link-view').action);
  fetch(m[1]+'/links/go', {
    method: 'POST',
    headers: {
      'Content-Type': 'application/x-www-form-urlencoded; charset=utf-8'
    },
    body: '_method=POST&ad_form_data[alias]='+m[2]+'&ad_form_data[ci]=9&ad_form_data[cui]=3&ad_form_data[cii]=40&ad_form_data[ref]=https://wikiall.org/'
  }).then(r=>r.json()).then(r=>{location.href=r.url;});
}();

概要 (Information)

wicr.meとは、アドレスが「wicr.me」で始まるショートリンク生成(Shortener)サービス(Advertising)のことを指します。

一般的なカウントダウン後のスキップボタンを経由します。


クライアントサイドのブラウザでは様々な原因(javascriptが正常に働かないなどの理由)で、カウントが始まらない!ボタンが押せない!画面が遷移しない!・・・という状況に遭遇します。

リンクの内容(広告の種類)によってはサイトを表示させるだけでも危険な場合があるので、ウイルス感染をきらってリンクを踏みたくないという状況もあるはずです。

これを回避するため、サーバーサイド(PHP)でアドレスを変換できるツール(API)を作成しました。

複数のリンクに対応しているので、大量のリンクを変換しなければならないときに便利! 🙂

使い方 (How to use)

[Step]

Step1 … リンクをペーストする。複数リンク(改行区切り)に対応しています。(one per line)

Step2 … 送信ボタンを押すと右ペインに結果が表示されます。

[Option]

… 結果をクリア

… 対応ドメインリスト

… 結果をクリップボードに転送

… 経過時間

[Restriction]

一度に変換できるリンクは 20 まで

[Effective Domains]

  • wi.cr
  • wicr.me
利用規約 (Terms of use)
更新情報 (Updates)
  • fix: 仕様変更に対応
  • add 1 domain. (wi.cr)